2019/12/26 11:44

本日もブログにご訪問くださり、
ありがとうございます。

陶芸とアートで大人のリラックスと
豊かなマインド&ハートを大切にしたい!

東京都立川市の陶芸サロン、
アトリエ陶喜の辻本喜代美です。


毎週木曜日に更新しているこのブログ。
2019年は今回がラスト投稿です。

週に一回のペースを心がけるように、
近況報告のつもりで書くこのブログ。
気がつけば今年のラスト記事。
46記事目となります!


書くという行為は不思議ですね。

書くという行為で
自分の今をより自分が理解しやすくなります。


私は陶芸作品を作るということで
自分の表現を表に出しているのですが、
それではまかないきれないことを、
この「ブログを書く」という行為で
振り返り、整理と発見をして、
次の制作に繋げています。

最近になって深〜く、深〜く
それを感じているのです。


どちらかというと私は、
「作品を作る」という点で

意識があまり器用ではありません。

次の研究をしたい!
次の発見をしたい!

という時、今までは
0か100になってしまいました。


好きなものでも
あえて食さないように
していました。


なんだか
偏食気味の断食みたいです(苦笑)。


それで一気に集中できる
メリットはありますが
それが自分の首を絞めていく
デメリットもあります。


それで

「苦し〜。」と思いっきり感じた時、

「あ〜、アレ好きだったんだ〜!!」と、

心底ホレていたことに気づくのです。


逆に、大嫌いだったことに
気づくときもあります。


そんな気持ちに気付いてしまった時。
ちょっと前の私だったら、
「覆水盆に返らず」と
頭の中に勝手なブロックをかけて
好きなのに、表に出さないという
変な意地を張っていました。


まあ、アホみたいなのですが
簡単にいうとコワかったのです。
いろんな意味で。


その変なブロックに風穴が空いたのは
今年カウンセラーの勉強を
真剣に始めてから。


陶芸家と名乗って約25年。
陶芸自体に関わって約30年。


今まで私が楽しく、愛おしく関わってきた
作品、作風、材料、活動
モチーフ、コンセプト。


それは全部
私の可愛い子供達(作品たち)。


やっと素直に思えるようになりました。


これもやはり陶芸作品とともに
ブログで私自身を文字化してきたから
気づけたことが多々あるのです。


ということで2020年、
今までともに歩んできた子(作品)たちは
より自信をもって。


これから新しく生まれてくる子(作品)たちは、
先に生まれた子たちのエッセンスを継ぎつつ、
今ここにいる私を表しながら
みなさんの前に登場させたいと思います。

実際のギャラリーの作品展でも、
このWebショップの店頭でも。


「どの子(作品)も可愛いのです!」

という想いを乗せて。


今回のブログをご一緒に楽しんでくださり、
ありがとうございました。

そして、今年も一年
ありがとうございました。

お読みくださったみなさま、
どうぞよいお年をお迎えください。


**********
〜年末年始の営業〜

陶芸教室(水・土・日)は年内29日が最終レッスン。
 年始は2020年1月5日からとなります。

*月に一回オープンのアトリエ陶喜プチ ショップ。
 次回のオープン日は1月5日です!

*アトリエ陶喜WebショップはBASE事務局が休業の
 12月28日〜1月5日をお正月休みで休業となります。
 商品の年内最終発送は12月27日となります。

〜アトリエ陶喜(オフィシャルサイト)〜

〜アトリエ陶喜と陶芸教室プロローグ〜

〜お客様からの声〜

〜もう一つ、アメブロは、ほぼ日更新中!〜

メールマガジンを受け取る

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。