2021/10/14 09:00

自分だけでは気がつかないことってよくあります。
ある種の思い込みもその要因となります。

ときどき、そういうことを
お客様の声として
ヒントをいただける事があります。

===========

フルモデルチェンジとか、
マイナーモデルチェンジとか、
自動車の世界ではよく耳にしますよね。
今回は私の作品の中の
モデルチェンジに関するお話しです。

===========
私の作品の中に
天使をモチーフとしたアロマスタンドがあります。
今回、この台座の部分をモデルチェンジしました。

以前はガラス質の
光沢あるグリーンの台座が
付属されていたものです。

当時のイメージは
童話「金の斧・銀の斧」をモデルに
深い森の池の湖面に立つ天使が斧ではなく
香りを届ける・・・

みたいなイメージで台座を光沢ある
ガラス質のグリーンの台座にしたのでした。

===========

その後、
お客様からお問い合わせを頂いたのです。
「他の色の台座はありますか?」
===========
当時はチャットのやり取りで
ご用意がない事をお伝えしたのですが、
何だか私の胸の中で引っかかっていたのです。
後になり、また別の方と今度は
直接お会いして作品を手に取っていただく中で
同じご意見をいただきました。

丁寧にゆっくりお話を伺う中で、
なるほど!と思う事も多々あり
台座部分のモデルチェンジを決めたわけです。

===========

それからいざ、
同じ陶器が良いのか、
別素材がいいのか?
素材探しから始まり、
似合いそうな台座とデザインが
全然見つからない。

ただの板だと、なんとも味気ない。
同時かならないものか?と。

時間が過ぎて行きました。

===========
解決策は意外なところにありました。
それは、陶芸教室の
生徒さんへのレクチャーの中で
見つけたのです。

モーニングプレートを作りたい!
とおっしゃっていた生徒さんへの
作品アドバイスの中で、

「あら!これいいかも!!」と。
それで出来たのがこの台座です。

===========
サンプルを作ってから
しばらくその上に
天使のアロマスタンドを置いて
展示してみました。
「先生!これかわいいね〜。」
「この台座の柄も可愛い〜。」
と、教室の皆さんの反応もいただき、
これなら良いかしらね・・・
===========

人それぞれ、色々な意見をみなさんお持ちです。
ですから万人にウケる作品を作ることは
到底叶わないことと、私は思っています。

また、周囲の要望を取り入れすぎると、
その人らしさも無く、
誰にも波動が合わないものになってしまいます。

ただ、同じようなご意見が
いくつか重なってきた時は、
それを素直に取り入れて
向き合う事も大切です。
それは、モノ作りに限らず、
様々なところで言える事でしょう。

結局のところ、
手から生まれるものは
その作り主の波動を纏っています。
その人の発するものは皆、
その人の今の波動に影響しているのです。
===========

ということで、
台座のモデルチェンジをすることで
以前より優しく柔らかな雰囲気になった
天使ちゃんたち。

あ!ということは、
私の中では今、
柔らかな空気が湧いているのかしら〜☺️
うふふ。

===========

今週も読んでくださり、ありがとう!


陶芸で、やわらか〜い気持ちを届けたい

 

東京都立川市の

陶芸アトリエと陶芸教室。

陶芸でアートとセラピーの時間を!


アトリエ陶喜・辻本喜代美でした。



===========

 

今回の作品はこちら。


天使のアロマスタンド C /アロマ用品/天使


天使のアロマスタンド B/アロマ用品/天使



===========

 

ブログはもう一つあるよ!

⬇️

Amebaブログ

やわらかな気持ちの作り方

https://ameblo.jp/kiyopi-556/

 

 

===========

 

お客様からいただいたご感想を集めました。

 

お客様の声リスト

メールマガジンを受け取る

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。